PAGE TOP

【特集】合成ゴム

大阪ソーダ、ECO、ACMとも新規用途開拓

会員限定 原材料 2022-07-05

 大阪ソーダの2021年度のエピクロルヒドリンゴム(ECO)の販売数量は、2020年度を上回った。上期は、新型コロナに伴う落ち込みからの反動などにより大幅に回復した。夏頃から自動車減産の影響を受け減少に転じたものの、通期では対前年でプラスとなった。「OA向けは自動車減産ほどの影響はなかったものの、半導体不足によって想定以上の回復には至らなかった」(大阪ソーダ)。一方のアクリルゴム(ACM)は

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた