PAGE TOP

共同研究拠点や給付型フェローシップなど

JSR、東大理物と包括連携をスタート

原材料 2020-05-22

 JSRは東京大学大学院理学系研究科物理学専攻(以下、東大理物)と包括的連携に合意し、4月1日から共同研究を開始したと、5月21日に発表した。連携にはフェローシップも含まれており、この様な取り組みは東大理物130年以上、JSR60年以上の歴史の中で初の試みとなる。

 これにより、東大理物は社会に深く浸透した様々な材料の機能の理解を深め、その探求を通して普遍的心理と新たな学問領域を見いだす。また、JSRはその成果として、アカデミアと産業界の融合による新たな高機能材料を社会に導出していく。

 具体的な取り組みは以下の3点。ひとつ目は、物理と化学を融合させた共同研究拠点の設置。東京大学本郷キャンパス理学部1号館に協創オフィス「JSR・東京大学協創拠点CURIE」を置き、共同研究を実施する。CURIEは、物理学賞、化学省の2度のノーベル賞受賞者のMarie Curie氏の名にちなみ命名。研究開発に重要な「好奇心=CURiosity」、「知性=Intelligence」、「感性=Emotion」の意味も包含している。

 2つ目は、給付型フェローシップ「JSRフェローシップ」の創設。物理学専攻の博士課程の学生を対象にしたもので、理論、実験に限らず幅広い物理学を通じて、学術界や産業界を発展させうる人材を支援していく。

 3つ目は、サイエンスと産業技術の融合による新技術・新材料の創出。JSRはサイエンスに基づく、物理と化学の融合により非常に高い差別化性能を有する製品開発を推進。東大理物は、多様な現象の探求と物理的視点に立った学理追求を行うことで、次世代の科学と応用の基盤となる成果を世界に発信していく。

 今回の連携についてJSRの川橋信夫代表取締役社長兼COO兼CTOは、「東大理物はあらゆる分野を網羅する、日本最大かつ世界でも最大規模の物理学研究の拠点。化学と物理という未来志向の包括連携となるが、弊社の企業理念であるMaterials Innovationを起こし、これまでになく高い性能を持った製品を社会実装していく」とコメント。

 また、東大理物長の常行真司教授は、「従来型の連続的な成果ではなく、全く予想もしていなかったような飛躍的な成果、さらには新しい分野を創出も可能にしてくれると確信している」と述べている。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた