PAGE TOP

「PT 角質ピーリングジェルEX」に配合

日立造船、「トチュウエラストマー」が化粧品に初採用

原材料 2020-02-07

 日立造船が生産する機能性材料「トチュウエラストマー」が、伊勢半グループのエリザベスが2月3日から発売している「PT 角質ピーリングジェルEX」に配合されるエモリエント成分として採用されている。「トチュウエラストマー」が化粧品向けに採用されるのは今回が初めて。

「PT 角質ピーリングジェルEX」パッケージ(エリザベス提供)


 「トチュウエラストマー」は同社の舞鶴工場(京都府舞鶴市)で生産しており、製造販売元である伊勢半に供給している。

 「トチュウエラストマー」は、落葉樹のトチュウ(杜仲茶の木)から抽出・精製したトランス型ポリイソプレンで、分子量が100万を超えるバイオポリマー。同社は1986年から中国原産のトチュウを用いた商品開発に取り組み、近年は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、科学技術振興機構(JST)の援助を受けながら、大阪大学大学院工学研究科との産学連携により、新しい機能性材料としての展開を図ってきた。これまで、3Dプリンター用フィラメントやゴルフボールなどの素材として採用されている。

 「PT 角質ピーリングジェルEX」は、肌に塗ることで古い角質や汚れを絡め取る化粧品。「トチュウエラストマー」は、皮膚の水分を保つための油溶性成分「エモリエント剤」として配合される。「トチュウエラストマー」は疎水性などの特徴を持ち、化粧品原料国際命名法(INCI)の規定に則り、スキンコンディショニング剤として認定されている。

 今回、ピーリングジェルに「トチュウエラストマー」を微量配合することで、化粧品の主原料である基剤とともに、汚れを絡めとる性質かつ従来品と比べてきしつき、つっぱり感が無く、うるおい感が残る心地よい洗い上がりにつながり、採用となった。

 「PT 角質ピーリングジェルEX」公式Webサイト(https://elizabeth.jp/index/bland/poretol/549605.html
 

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界