PAGE TOP

再生プラスチックを用いた道路改良の取り組みが評価

ダウ、 フォーチュン誌の「チェンジ・ザ・ワールド」リストに選出

原材料 2019-08-27

 米・ダウは8月23日、フォーチュン誌の2019年度「チェンジ・ザ・ワールド」リストに選出されたと発表した。

 同リストは、利益を生む戦略や事業を通じて社会または環境に重要なインパクトを与えた52社を選出するもの。

 今回、同社の持続可能なソリューションを推進する長年の取り組みの一環として実施した、プラスチックごみを削減するための再生プラスチックを用いた道路舗装の試験プログラムが評価され52社中26位に選出された。

 同社ではバリューチェーンパートナーと協働し、アジア、ヨーロッパ、北米および南米において、再生プラスチックを用いておよそ100キロメートルのアスファルト製道路を舗装。同プロジェクトでは、ダウのELVALOY RETアスファルト改質技術も一部使用され、廃棄する代わりに約200トン(5,000万個の軟包装パウチに相当)のプラスチックが活用されている。

 多くの場合、ポリマーが改質された道路は、通常のアスファルトと比較し天候や車両による腐食に強く、危険な道路のくぼみを防ぎ、交通渋滞も防ぐことができる。

 また、プラスチック道路に加え、南アメリカにおける主要なパートナーと共に、再生プラスチックを用いて建築材料を開発し、コロンビアで学校を建設するプロジェクトも推進。さらにケミカルリサイクル技術をスケールアップし、再生プラスチックごみを原料に戻し、新製品を作る技術開発も行っている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界