PAGE TOP

世界の課題解決に貢献できるイノベーションを探る

ダウ・ケミカル日本、イノベーション・デー東京2018開催

原材料 2018-09-19

ピーター・ジェニングス代表取締役社長


 ダウ・ケミカル日本は9月18日、グランドハイアット東京(東京都港区)で、「ダウ日本イノベーション・デー東京2018」を開催した。同イベントは、持続可能な社会の実現に向けて、世界の課題解決に貢献できるイノベーションの可能性を探るもの。2015年以来2回目の開催で、約360人が参加した。ダウが注力していくコンシューマー、インフラストラクチャー、パッケージング分野における持続可能なソリューションが、ブース展示やセッションを通じて紹介された。

 イベントでは、主催者を代表してダウ・ケミカル日本のピーター・ジェニングス代表取締役社長が「日本は、大きな再成長のポテンシャルを秘めた市場であるとともに、イノベーションに富み、最新技術を生み続ける国でもある。社会の複雑な問題を解決するため、ダウはこれからも日進月歩していく」とあいさつした。

 「世界の課題を解決するイノベーションとは」と題したパネルディスカッションには、ブリヂストンの小松秀樹常務執行役員・事業開発企画管掌、イノアックコーポレーションの三輪健二郎代表取締役・海外事業統括兼高機能材料事業管掌兼調達統括、スリーエムジャパンの喬劉常務執行役員兼チーフテクニカルオフィサー等がパネリストとして参加、討論を行った。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界