PAGE TOP

ホースと継手2商品を新発売

トヨックスが配管安心セットさらに充実

工業用品 2016-08-29

トヨフッソSホース

トヨフッソSホース


 トヨックス(本社・富山県黒部市、中西誠社長)は、9月1日から薬品・食品用フッ素ホース「トヨフッソSホース」と耐熱・食品用トヨシリコーンホースシリーズ専用継手「トヨコネクタTC3―SS」を新発売する。

 同社では独自のホースドクターカーで工場を訪問し、ユーザーから多く寄せられる苦情や要望を解消するため、各種の商品を開発している。

 これまで薬品や溶剤、食品等を流体とする用途でトヨフッソホースを販売してきたが、ホースの折れの問題や吸引用途で使用できるフッ素ホースが欲しいとの要望が多くあり、同社ではこのほどトヨフッソSホースを開発、商品化した。また、耐熱用途で使用されるシリコーンホースで保形タイプに使用できる専用継手の要望も多いことからトヨコネクタTC3―SSも開発・商品化した。

 トヨフッソSホースは錆にくいSUS316製コイル補強構造で折れやつぶれに強く、吸引用途にも使用できる。内面は耐薬品性、耐溶剤性、非粘着、撥水性に優れた4フッ化系フッ素樹脂。積層一体構造なので単層のフッ素チューブに比べ柔らかく、扱いやすい。また、透明度が高く、流体の確認が容易。食品衛生法(厚生省告示第52号、厚生労働省告示第201号)にも適合し、食品・飲料用途への使用も安心。内径15・19・25ミリの3サイズを揃えている。使用温度範囲はマイナス20―80度まで(特許申請済)。

 トヨフッソSホースは、同社の専用継手トヨコネクタの使用が可能。新製品の発売によりフッ素ホースシリーズは3商品となり、品揃えを充実させたことで専用継手との組み合わせで、要望の多い半導体や化学・化粧品・製薬・食品工場等での省エネ、漏れ抜け防止、生産性向上や作業標準化、食品安全など、さらなる現場改善につながるとしている。

 また、同様に要望が多かった耐熱用トヨシリコーンホースシリーズの専用継手トヨコネクタ(ネジタイプ)の取り付け可能なホースを5種に広げ改良発売する。これにより吸引用途や保形性を求める耐熱用途への安心セットとしての使用範囲が大幅に広がる。今回のTC3―SSはステンレス製で、ホース内径9―25ミリ用の5サイズを揃えている(特許申請済)。

 今回の新商品によりホース配管安心セットの品揃えがさらに充実し、今まで以上に多くの現場ユーザーの改善要望に応えられるようになり、販売機会が一段と拡大した。

 同社では独自のホースドクターカーと春から新規に導入したホースドクターバックを活用し、全国で200人を超えるホースドクター認定者と販売店との協働で現場訪問やユーザー先での展示・相談会等を加速させ、現場ユーザーの課題解決をさらに強化し、販売拡大につなげていく。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界