PAGE TOP

「今日からできる!水平・昇降搬送用歯付ベルト設計マスター講座」がテーマ

バンドー化学、ウェビナーを開催

工業用品 2023-12-26

 バンドー化学は12月26日、「今日からできる!水平・昇降搬送用歯付ベルト設計マスター講座」をテーマに、ウェビナーを開催した。

ウェビナーの様子


 今回は、人事部の木下勝太氏がMCを、産業資材事業部技術部開発グループの高原将人氏が講師を務め、「ポリウレタン長尺歯付ベルトの設計計算を今日から自身でできるようになること」をゴールに進められた。

 搬送ベルトは、屋外用途(重搬送コンベヤベルト)、屋内用途(平ベルト、歯付ベルト、Vベルト、丸ベルト)に大別され、同社ではポリウレタン長尺歯付ベルトを「バンコラン ロングシンクロベルト」(LSB―U)の名称で展開している。

 LSB―Uの搬送形態としては、①一般的な搬送(回転)②キャリッジ搬送(往復、昇降)があり、①ではパネル(ガラス、鉄板、板)や食品を搬送する際に使用され、②ではロボットの駆動部、自動車ドア、物の上げ下げに使用される。

 LSB―Uは、プーリの歯型との噛み合いによって動力伝達とともに正確な回転伝達や位置決めが可能であること、歯面を支持板やガイドレールで受けることで搬送抵抗を減らして長尺スパンで適用可能なことから採用されることが多い。

 LSB―Uは、ポリウレタン製の背ゴムと歯ゴムが心線を挟み込んでいるような構造。ウレタン部材は熱で溶解させて押出注型する材料で、後加工で背面に突起形状などを熱融着させることが容易だ。

 心線は、ベルト伸びが少なく、応答性や寸法・位置決めが必要な用途に適している「スチール仕様」、水がかかっても腐食しないため、食品搬送用途に適している「アラミド仕様」がある。また、ウレタン部材も標準仕様の「半透明」「乳白色」、耐湿熱仕様の「乳白色」と、搬送物の色などに応じて色調を選択することができる。そのほか、ベルトとプーリの隙間(バックラッシ)が比較的大きい「台形歯:回転搬送に推奨」、バックラッシが小さい「円弧歯:キャリッジ搬送に推奨」があり、用途に応じて歯形も選択できる。

 LSB―Uは、①発塵が少なくクリーン性に優れる②任意の長さでジョイントが可能③食品衛生法に適合しているため、食品直搬送が可能――といった特長を有している。

 ウェビナーでは、①モーター動力による動力計算②実負荷による動力計算――の2パターンで具体的な数値を用いてどのように最適な張力、ベルト幅、長さなどを算出するのかを解説。かなり専門的に踏み込んだ内容となっており、最後の質疑応答では多くの質問が寄せられ、盛況なウェビナーとなった。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた