PAGE TOP

新しいガラス短繊維強化PPコンパウンド

SABIC、「G3430X」および「G3440X」を発表

工業用品 2022-08-31

 SABIC(サウジ基礎産業公社)は、性能要件が厳しい自動車のエンジン回りや外装および内装部品に向けて、優れた性能と加工性を提供するガラス短繊維強化ポリプロピレン(PP)コンパウンド「G3430X」および「G3440X」を発表した。

電子部品搭載用ベースプレート


センターコンソール部品


 今回発表した2つのPPコンパウンドは、流動性、引張強度、曲げ強度および曲げ弾性率において、標準的なガラス短繊維強化材料を上回る高性能を発揮する。

 各種パーツの装着や支持に用いるブラケット、シート構造物、センターコンソールなど自動車構造部品の成形に適した材料となっており、最終製品の性能強化に寄与。また、高い流動性によって成形部品の薄肉化が可能なため、部品の軽量化も実現する。

 G3430Xはガラス短繊維を 30%、G3440Xは同40%を充填して強化されており、従来のガラス短繊維PP材料と比べて優れた物理的性能に加え、加工を容易にする高流動性を提供する。両製品とも剛性と耐衝撃性をバランス良く発揮する構造用部品に最適な特性を備えており、G3440XはG3430X よりも高い剛性と高密度を提供する。

 また、これらの材料は他のガラス短繊 PPコンパウンドを上回る高性能に加え、低温環境で用いられているガラス長繊維PPに対して、コスト効率の良い代替材料としての利用も期待される。さらにこれらの材料は卓越した剛性と優れた耐衝撃性を兼ね備えるほか、高い流動性を示すことから薄肉部品の設計が可能となり、性能を損なうことなく部品の軽量化を図ることができる。

 また、部品の軽量化は車両全体の性能向上に寄与するうえ、材料使用量の低減によるコスト削減にも貢献する。加えて、高流動性はサイクルタイムの短縮によって生産性を向上できるため、製造面でのコストメリットも期待できる。

 いずれのSABIC PPコンパウンドも黒色およびナチュラル色のほか、カスタム色が利用可能となっている。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた