PAGE TOP

ゴム関連企業で初めて

山豊護謨、令和3年度「江東ブランド」に認定

工業用品 2022-02-08

 山豊護謨(東京都江東区、宇都正之社長)が、「江東ブランド」の令和3年度認定企業に認定された。同ブランドは、同社の所在地である東京都江東区が、区内で優れた製品や技術を持つモノづくり企業を認定しているもの。1月19日に江東区民文化センターで開催された「江東ブランド」の認定式では、宇都正之社長が山﨑孝明江東区長から認定書を授与された。

認定式に出席した宇都社長(前列右から2人目、中央は山﨑江東区長)



 「江東ブランド」とは、「優れた技術でものづくりを行い、それを守りながら継承し、発展を続けている企業を『江東ブランド』として認定し、様々なPR活動を行う」ことを目的に、平成26年度から実施している。①本店または主たる事業所を区内に有する中小企業②保有する製品や技術がすでに実用化され、または取引されている③保有する製品や技術などが十分な安全性を有している④新製品または新サービスの提供、新技術の開発、事業の継承やその他の事業の新陳代謝に積極的に取り組んでいる⑤製品や技術のPRとともに、江東区のイメージアップを強く望み、本事業への積極的な参画の意思を有している―などの要件を満たしていることが応募要件で、令和3年度は多くの応募企業の中から山豊護謨など10社が認定された。

 なお、ゴム製品関連企業が認定されたのは平成26年度の認定開始以来、初めてのこと。認定取得を目指し、同社では全社員一丸で製品精度や顧客満足度などの向上に鋭意努力し、その結果が認定取得に繋がった。

 認定を受けた企業には、江東区から①展示会や見本市など、製品や技術をPRできる場の提供②認定企業紹介パンフレットの発行・配布③認定企業情報を発信するための専用ウェブサイトへの掲載④認定企業を軸とした交流会、勉強会の開催⑤江東ブランド認定ロゴマークの付与―などの支援が実施される。

 山豊護謨では、「江東ブランド」の認定マークを名刺や封筒に添付することで、「江東ブランド」認定企業であることをアピールし、より一層の業容拡大に繋げていく方針。

HPを全面刷新

 山豊護謨では、2021年12月16日付でホームページを全面的にリニューアルした。今回のリニューアルでは、利用者がより見やすく、より分かりやすく閲覧できるようにすることを最優先に内容を刷新しており、企業概要や製品情報などが一目で分かる、使いやすいサイトを目指し内容充実が図られている。最新情報として「江東ブランド」の認定企業であることも記載されている。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた