PAGE TOP

車載・通信市場の需要拡大に対応

デンカ 、放熱シートの生産能力を2倍に増強

工業用品 2021-11-26

 デンカは、渋川工場(群馬県渋川市)を電子材料の中核生産拠点と位置づけ、放熱シートの新規生産設備を渋川工場へ導入し、生産能力を現在の約2倍に増強することを決定した。

 同社は今後の車載・通信市場における放熱シートの需要拡大に対応するだけでなく、放熱材料をはじめとしたスペシャリティー事業をさらに強化していく。投資金額は約17億円の見込みで、稼働時期は2024年度上期を予定。増強による2021年度連結業績への影響はないとしている。

デンカ放熱シート



 同社の放熱シートは、シリコーン樹脂に機能性フィラーを高充填することで、高い絶縁性や放熱性の機能を持たせており、車載製品・通信機器など様々な用途で使用されている。xEVなどの車載電装機器や、5Gを中心とする通信基地局などにおいて、放熱シートの需要はさらに拡大する見通しであることから、同社グループ企業である九州プラスチック工業(熊本県玉名市)から渋川工場への生産移管および新規設備導入による生産能力の増強を決定した。

 今後は、自動生産プロセスの導入や、工場内にある研究開発部門を強化し、車載・通信で求められる高熱伝導・高耐熱・接触熱抵抗低減・高耐圧等を持ち合わせた次世代スペシャリティー製品の開発も行なっていく。

渋川工場



 渋川工場は、塩化ビニル系樹脂の生産拠点として1951年に操業をスタート。以降、時代のニーズに合わせて高熱伝導メタルベース基板をはじめとする放熱材料、半導体製造工程用仮固定テープ、アクリル系接着剤など電子材料を中心とした生産拠点に変化してきた。今年で操業70周年を迎え、従業員数は約500名にのぼる。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた