PAGE TOP

2022年3月期第1四半期業績

朝日ラバー、大幅増収で黒字に転換

工業用品 2021-08-06

 朝日ラバーが8月6日に発表した2022年3月期第1四半期(4~6月)業績は、売上高が17億9,700万円で前年同期比25.7%増、営業利益が7,800万円(前年同期は2700万円の損失)、経常利益が8,200万円(同900万円の損失)、純利益が6,100万円(同2,000万円の損失)となった。

 工業用ゴム事業は売上高が15億1,100万円で同36.8%増、営業利益が1億3,400万円で同2939.2%増。前年同期に新型コロナウイルス感染症拡大の影響を大きく受けていた自動車向け製品全般の売上高が回復した。

 医療・衛生用ゴム事業は売上高が2億8,600万円で同11.9%減、営業利益が2,400万円で同47.6%減。プレフィルドシリンジガスケット製品が、新型コロナの影響に伴う医療診断の変化などによる在庫調整の影響を受けて受注が減少した。

業績予想を修正
 朝日ラバーは同日、2022年3月期第2四半期業績予想および通期業績予想の上方修正を発表した。売上高では、工業用ゴム事業におけるスイッチ用ゴム製品などの自動車向け製品や卓球ラケット用ラバーの受注増加を見込む。また、利益面で原材料価格の上昇が見込まれるものの、売り上げおよび生産数量増加による生産効率向上などにより、前回予想を上回る見込み。

 ■2022年3月期第2四半期業績予想
 ◇売上高=35億7,800万円(前回予想35億3,100万円、増減率1.3%増)◇営業利益=1億2,700万円(同7,400万円、同71.6%増)◇経常利益=1億2,300万円(同7,500万円、同64.0%増)◇純利益=9,000万円(同5,400万円、同66.7%増)

 ■2022年3月期通期業績予想
 ◇売上高=72億5,200万円(前回予想71億8,100万円、増減率1.0%増)◇営業利益=3億2,100万円(同2億8,300万円、同13.4%増)◇経常利益=3億1,100万円(同2億8,100万円、同10.7%増)◇純利益=2億3,600万円(同2億1,000万円、同12.4%増)

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた