PAGE TOP

住友ゴム工業のタイヤ開発にも生きる

世界最高峰の性能もつ「SPring-8」

会員限定 工業用品 2021-06-29

岸本浩通住友ゴム工業研究開発本部分析センターセンター長の左手が差す先で放射光を試料に当てる


 住友ゴム工業のタイヤ用ゴム材料開発に、日本各地の先端研究施設が活用されている。同社は大型放射光施設「SPring-8」、大型度陽子加速施設「J-PARC」、スーパーコンピュータ「京」、X線自由電子レーザ「SACLA」など多くの先端研究施設それぞれの特徴を生かし、タイヤ用ゴム材料の開発、タイヤの性能向上に繋げてきた。

 同社が先端研究施設を活用する理由の1つに、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた