PAGE TOP

【特集】合成ゴム

東ソー、CRの増強は今後も前向きに検討

会員限定 原材料 2021-06-29

 東ソーの2021年3月期におけるクロロプレンゴム(CR)の状況は、期初は新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が落ち込んだが、7月以降からインドをはじめ、東南アジアで需要が急回復。通期では前期(2020年3月期)並みの出荷に回復した。「需要の回復に加え、コロナ禍で流通在庫を抑制してきた反動もあるとみている。また、コンテナ不足などに起因する物流の混乱から在庫を積み増すケースもあり、実需以上の荷動きがあったのではないかとみている」(東ソー)という。

 用途別にみると、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた