PAGE TOP

【特集】ゴム用機械・試験検査機

新東科学、新機能で試験の大幅効率化を実現

会員限定 工業用品 2020-02-20

 新東科学(東京都千代田区)は、摩擦摩耗など各種表面性測定機器分野のリーディングカンパニーとして、トライボロジ(摩擦学)を対象に高機能試験機機器「トライボギアシリーズ」を数多く展開している。中でも、最新鋭の荷重変動型摩擦摩耗試験システムとして好評を得ているのが「トライボギアTYPE:HHS2000S」。

 同機は、高性能摩擦摩耗試験機として高評価を得ている「トライボギアTYPE:HHS2000」をより一層バージョンアップして開発された機種で、新機能の「ステップ運転モード」及び「直交バランスアーム方式」が搭載されているのが特徴となっている。「ステップ運転モード」は、1つのサンプルで実施可能な試験が一種類のみではなく、プログラムされた動作条件に基づき、自動で複数種類実施可能な機能となっている。これにより1回目を測定後、自動で測定子をピックアップしてY方向ステージを移動させ、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた