PAGE TOP

19年3月期業績

朝日ラバー、工業用ゴム事業は増収減益

工業用品 2019-05-14

 朝日ラバーが5月14日に発表した19年3月期業績は、売上高が77億600万円で前期比2.3%増、営業利益が4億8,300万円で同13.7%減、経常利益が5億800万円で同13.7%減、純利益が3億5,200万円で同23.3%減となった。

 セグメント別にみると、工業用ゴム事業は売上高が64億9,800万円で同2.1%増、営業利益が6億4,100万円で同7.5%減。RFIDタグ用ゴム製品は受注が好調に推移し、前期比1.5倍の増収。主力製品の自動車内装照明用「ASA COLOR LED」は微増収となったが、自動車のスイッチ用ゴム製品や卓球ラケット用ラバーは受注が好調に推移した。

 医療・衛生用ゴム事業は売上高が12億700万円で同3.4%増、営業利益が1億6,200万円で同12.0%減。採血用・薬液混注用ゴム栓およびプレフィルドシリンジガスケットなど、医療用ゴム製品全般の受注が堅調に推移した。

 20年3月期業績予想は、売上高が78億1,000万円で前期比1.3%増、営業利益が4億6,400万円で同4.1%減、経常利益が4億6,600万円で同8.4%減、純利益が3億3,200万円で同5.8%減を計画している。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界