PAGE TOP

「豊田合成樹守の里」

豊田合成、岐阜県・美濃加茂市と森林づくり協定を締結

工業用品 2019-04-12

左から荻巣部長、宮﨑豊田合成社長、伊藤市長


 豊田合成は4月12日、環境保全活動の一環として、岐阜県が推進する「企業との協働による森林づくり」(通称:企業の森)に賛同し、4月11日に美濃加茂市役所で県・市と協定を締結したと発表した。

 同社では長期環境目標(TG2050環境チャレンジ)の柱の一つに「環境保全・自然共生」を掲げ、これまでにビオトープの設置や、河川や干潟の保全などに積極的に取り組んできた。今回は活動の更なる充実を図るために森林整備などを行う里山づくりを推進していくもの。

 ■協定の概要
 ◇名称=「豊田合成樹守の里」◇場所=岐阜県美濃加茂市山之上町字矢吹地内地(規模:2.70ヘクタール)◇期間=2019年4月11日-2024年3月31日◇活動内容=①間伐、下刈りなどの森林整備 ②小学生向けの体験型の環境教育等

 ■協定締結式
 ◇日時=2019年4月11日14:00-14:20◇場所=美濃加茂市役所◇参加者=岐阜県林政部長荻巣雅俊氏、美濃加茂市長伊藤誠一氏、豊田合成社長宮﨑直樹氏

 ■豊田合成の「環境保全・自然共生」活動
 ①森林整備【今回の活動】=山林の間伐や雑草木を刈り取ることで、地面に雨水が浸透しやすい環境を作り、山の土壌が持つろ過機能により水の浄化を促進②ビオトープの設置=絶滅が心配される希少種の動植物などを育成する環境として設置③外来種の駆除=在来種の保護により、本来その土地が持つ生態系を維持④干潟の清掃活動=海洋生物や渡り鳥の保護のため、市民団体が主催する活動に参加。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界