PAGE TOP

自社の製品・技術をアピール

アキレス、「Achilles THE NEXT」を開催

工業用品 2018-11-28

 アキレスは11月20-21日の2日間、ベルサール新宿グランド(東京都新宿区)で、同社商品を紹介する「Achilles THE NEXT」(マテリアル&プロダクト展2018)を開催した。

 会場では、アキレスの各種技術を融合させた企画展示コーナーと各事業部の取り組みを紹介する事業部コーナーを配置。事業部コーナーでは、フィルムや車輌資材断熱材など事業部(三進興産含む)ごとに12のエリアに分けて各種製品を展示・紹介した。またプレゼンテーションステージでは、各事業部の最新技術・製品も発表した。

 ウレタン事業部では、トンネルの維持補修対策として「アキレスTn-p工法」を紹介。Tn-p工法は、古いトンネルの背面に生じている空洞を発泡ウレタンで充填補修するという新しい補修工法で、トンネルの劣化による災害を防除するというもの。従来の可塑性エアモルタルを充填材料に使用する注入工法に比べ、施工時間や費用が削減できるという。一般道のトンネル補修工事で採用が拡大しており、ここ数年間で、売上高が著しく伸びている。

 また新提案として、老朽化したトンネルなどの構造物の空洞を効率的に閉塞する「軽量空洞閉塞工法」を紹介した。これは施工性の良いEPSブロック(発泡スチロール)と、隙間なく充填可能な「現場発泡ウレタン」を組み合わせ、短時間で閉塞施工する新工法。低コスト・短時間で施工できるため、今後、採用拡大が期待されている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界