PAGE TOP

高圧用ホースが好調に推移

1-9月のゴム製品生産・出荷実績、出荷金額は4.8%増に

工業用品 2018-11-26

 
 経済産業省が11月14日に発表した2018年1-9月のゴム製品生産・出荷実績によると、合計出荷金額は1兆7,105億1,800万円で前年同期比4.8%増となった。

 品種別にみると、自動車タイヤは生産数量が1億997万本で同1.4%増、出荷金額が8,854億4,400万円で同6.9%増。生産数量、出荷金額ともに二輪自動車用タイヤ以外のすべての品種が増加した。

 ゴムベルトは生産量(新ゴム量)が1万6,243トンで同0.6%減、出荷金額が517億2,100万円で同2.2%増。生産量ではコンベヤベルトが同0.9%増となった以外はすべての品種がマイナス。出荷金額ではコンベヤベルトが同8.9%増、歯付ベルトが同0.2%増、その他ベルトが同0.4%減となった。

 ゴムホースは生産量(新ゴム量)が2万8,559トンで同4.9%増、出荷金額が1,056億7,700万円で同3.4%増。生産量では全品種がプラスとなり、なかでも高圧用は同22.6%増と大幅な伸びとなった。出荷金額ではその他用ホース以外の全品種がプラス。高圧用ホースは同8.2%増、自動車用ホースは同3.2%増となった。

 工業用品は生産量(新ゴム量)が13万1,703トンで同1.4%増、出荷金額が5,491億2,100万円で同3.7%増。生産量、出荷金額ともに防舷材とゴムロール(一般工業用等)以外のすべての品種がプラスとなった。

 その他のゴム製品は生産量(新ゴム量)が1万2,919トンで同1.1%増、出荷金額が701億5,100万円で同2.0%減。

 

9月の出荷金額は17カ月ぶりの減少

 9月単月のゴム製品出荷金額は、合計が1,919億3,200万円で前年同月比0.7%減となり、17カ月ぶりに前年同月を下回った。

 品種別に生産量をみると、自動車タイヤ(生産数量)が同0.1%減、ゴムベルト(新ゴム量)が同2.4%減、ゴムホース(同)が同1.0%増、工業用品(同)が同2.4%減、その他のゴム製品(同)が同3.2%減。コンベヤベルト(前年同月比1.2%増)、高圧用ホース(同16.2%増)、スポンジ製品(同2.2%増)、運動競技用品(同6.8%増)がプラスとなった以外は全品種がマイナスとなった。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界