PAGE TOP

住友化学と共同研究

岡安ゴム、EPDMスポンジの製品化技術を確立し「タフロング」で量産対応

会員限定 工業用品 2018-10-01

薄物スポンジ「タフロングシリーズ」


 岡安ゴムはこのほど、住友化学と共同研究の結果、EPDMスポンジの製品化技術を確立、量産化する。住友化学の持つマイクロセル化する触媒技術を使ってマイクロセルの形成は可能とされていたが、無圧加硫での成型は難しかった。そこに岡安ゴムの独自なスポンジ成型技術を用いることで可能にした。「タフロングシリーズ」で展開していく方針だ。硬度は5度、10度、15度の3タイプの製造に成功している。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界