PAGE TOP

海外事業強化、5拠点目を検討

藤倉ゴム工業、新事業・新製品で中計達成目指す

会員限定 工業用品 2018-06-20

森田健司社長


 藤倉ゴム工業は6月14日、森田健司社長が出席し決算説明会を開催した。

 2018年3月期業績は、売上高が339億5,800万円で前期比7.4%増、営業利益が22億5,900万円で同30.1%増、純利益が17億3,900万円で同37.0%増。工業用品、制御機器、ゴルフ用カーボンシャフト部門が好調で、5期連続の増収、3期連続の増益を達成した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界