PAGE TOP

2022年度の売上高5,300億円目指す

住友理工が新中期経営ビジョンを発表

工業用品 2018-05-25

説明する西村会長


説明する松井社長


 住友理工は5月24日、本社で記者会見を開き、新たな中期経営ビジョン「2022年 住友理工グループVision」(2022V)を発表した。100年に一度と言われる自動車産業の大変革や欧米での保護主義の台頭など取り巻く環境の変化を受け、2016年に策定した2020Vを抜本的に見直した。大きな変革期の中、着実な成長と体質強化を図る。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界