PAGE TOP

愛知、三重、京都、静岡4エリアで

住友理工、地域貢献活動への助成金プログラムを継続

工業用品 2018-04-20

 住友理工は4月19日、まちづくりなどの地域貢献活動を支援するプログラム・住友理工「夢・街・人づくり助成金」制度を今年度も4エリアで実施すると発表した。同社グループの事業拠点がある、愛知県の北尾張エリア、三重県の松阪エリア、京都府の綾部市エリアに加え、昨年度から拡大した静岡県の富士裾野製作所周辺エリアが対象となる。

 同助成金制度は2010年に創設され、各エリアで活動する市民団体と協働で実施されてきた。ダイバーシティ(多様な人材の活用)」「青少年の育成」「まちづくり」「市民活動(社会貢献をしている市民団体の活動を支援する活動)」「自然環境との共生」の5分野で、特に社会に貢献していると認められる活動に対し助成金を支給するもの。

 各エリアで対象団体を募集、「夢づくりスタート部門「街・人づくり部門」の2部門について審査を行い、それぞれ4団体、2団体を助成先に選ぶ。

 募集時期などの詳細は今後同社ホームページおよび協働する市民活動団体で告知する。また説明会も実施する予定。問い合わせは各市民団体まで。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界