PAGE TOP

投資額120億円、20年代初頭の生産開始

豊田合成、FCV向け高圧水素タンクの新工場設立

工業用品 2018-03-15

いなべ工場


 豊田合成は3月14日、FCV(燃料電池車)の主要部品である高圧水素タンクを生産する新工場を設立したと発表した。投資額は120億円。2020年代初頭の生産開始に向け、準備を進める。普及が見込まれるFCVの車種拡大に対応し、高圧水素タンクの生産能力を順次強化していく。

 新工場は敷地面積が約13万平米、建屋面積が約2万1,000平米。三重県いなべ市の藤原工業団地内に位置し、従業員数は約100人。

 同社は、電動化に対応した製品開発を事業の重点に据え、ゴム・樹脂の専門メーカーとしての強みを活かした軽量部品などの開発を加速させている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界