PAGE TOP

【新年トップインタビュー】

ハバジット日本社長津川純氏、「営業体制を構築しエンドユーザー対応を強化する」

工業用品 2018-01-16


 就任して1年が経過したハバジット日本の津川純社長。「昨年は久しぶりに展示会に出展し、大変多くのお客様に来場いただき、大きな反響があった」という。新中計も策定し、生産体制の拡充と営業、マーケティングの強化も進めている。津川社長は「新しい経営体制の下で社内改革を進め、ブレークスルーを実現する」と意欲的だ。

 ■2017年を振り返り
 樹脂ベルト市場は追い風の1年だった。樹脂ベルトの成長を牽引したのは中食産業を中心とした食品、物流センターの投資による需要増だった。ハバジットは従来、繊維機械などのOEMを得意としてきたため、他社に比べ成長市場からの恩恵は少なかったと思われる。今後はハバジットの豊富なリソースを生かし、ユーザーニーズに応えられる提案を進めて成長を加速させたい。シェアが低い地域、ポテンシャルが高い市場に重点を置いて、市場ニーズに応えられる体制整備に着手している。

 ■17年度(1-12月)業績見込み
 1ケタ半ばの増収を見込んでいる。販売が伸びたのはモノリシック(一体成型)ベルト「クリーンドライブ」。鶏肉など食肉関連で大きく伸びた。今後は精肉や水産加工などに展開し、さらに大きく伸びると期待している。

 電気自動車用リチウムイオン電池やタイヤ、物流関連も好調に推移した。産業用機械向けの「ハバシンクタイミングベルト」も成長を続けている。専任部隊を立ち上げ更に注力し、制御関連分野での新規需要開拓をはかっていく。

 ■18年度の業績計画
 18年も樹脂ベルト市場の好調は続くと予想している、ハバジットは業界の伸びを上回る成長を目標とし果敢に挑戦したい。

 地域に根差した販売・サービス体制を拡充しエンドユーザーにも重点を置きシェアアップに繋げたい。2017年10月には金沢に北陸出張所を開設した。2018年には北海道に出張所をオープンしたいと考えている。

 製品面では、「ハバシンクタイミングベルト」の販売に更に力を入れていく。従来の顧客セグメントにはない新たな重点戦略市場に販売を拡大したい。またベルトだけでなくアクセサリーの充実化も図っていく。タイミングベルトは売上高の約8%を占めるが、近い将来構成比を倍増したいと考えている。

 物流向けは日本市場向けに新しいベルトを開発し、成長する物流分野で販売を増やしたいと考えている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界