PAGE TOP

マイクロプラスチックや表層油も回収可能

平泉洋行、海洋浮遊ゴミ自動回収装置「SEABIN」で環境問題に貢献

会員限定 商社 2019-12-25

 海洋浮遊ゴミの問題が深刻化している。その問題解決に貢献できる製品が、海洋浮遊ゴミ自動回収装置「SEABIN(シービン)」だ。国内では、平泉洋行が同製品の総代理店を務めている。

シービンの全体図


シービンが海洋浮遊ゴミを回収する様子(真上から)


 同製品は、2014年に開始したシービンプロジェクト(CEO:ピート・セグリンスキ氏[豪])のクラウドファンディングによる資金で開発。製造はフランスのPORALU社が手掛けており、現在、32カ国で約800台が設置されている。

 特徴は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界