PAGE TOP

17年12月期業績

クリヤマHD、北米事業が増収増益

商社 2018-02-19

 クリヤマホールディングスが2月14日に発表した17年12月期業績は、売上高が489億4,200万円で前期比9.2%増、営業利益が20億400万円で同0.8%増、経常利益が23億5,400万円で同3.0%増、四半期純利益が25億4,300万円で同62.3%増となった。

 アジア事業は売上高が226億3,700万円で同5.6%増、営業利益が9億1,300万円で同0.5%減。

 アジア事業を区分別にみると、産業資材事業は売上高が119億5,600万円で同12.8%増、営業利益が3億8,900万円で同351.0%増。建機・農機向けの排ガス規制に対応する尿素SCRセンサーおよびモジュールタンクの販売が堅調に推移。中国では建機顧客の増産のほか、シールドマシン向けシール材も拡大した。

 建設資材事業は売上高が75億2,600万円で同2.6%増、営業利益が2億3,100万円で同67.7%増。スポーツ施設資材事業は売上高が21億2,000万円で同1.4%増、営業利益が2億9,300万円で同32.2%減。

 北米事業は売上高が220億3,600万円で同12.9%増、営業利益が20億9,500万円で同41.2%増。シェール・オイル&ガス市場向けホースの販売が回復基調で、飲料用ホースや高圧ホースなどの販売も堅調に推移した。欧州事業は売上高が42億6,900万円で同10.3%増、営業損失が1億3,900万円(前期は2億7,900万円の利益)。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界