PAGE TOP

地域貢献活動や震災復興活動を展開

東洋ゴム工業、ベガルダ仙台と「CSRパートナー」契約

タイヤ 2017-05-10

 東洋ゴム工業は5月2日、日本プロサッカーリーグ加盟のJ1チーム「ベガルタ仙台」の「CSRパートナー」となる契約を締結したと発表した。

 同社は、宮城県に国内主力タイヤ工場(仙台工場)を有するという地域関係性を背景に、今後、ベガルタ仙台とともに、パートナーシップを組んで、地域貢献活動、震災復興活動を展開していく。

 ベガルタ仙台は1999年から、宮城県仙台市をホームタウンとするJリーグ加盟のプロサッカーチーム。同チームは創設以来、ホームタウンや活動区域(宮城県)におけるスポーツの普及、社会・地域振興をクラブの理念、基本方針に掲げ、地域に根ざしたさまざまなホームタウン活動(CSR活動)を行っている。

 同社は1962年から、宮城県岩沼市に国内の自動車用タイヤ主力製造拠点として仙台工場を置き、半世紀以上にわたり事業活動を続けている。また、岩沼市が東日本大震災からの復興計画の一つとして取り組んでいる人工丘陵への植樹活動(「千年希望の丘プロジェクト」)に、拠点を挙げて積極参加しているほか、2016年からは地元・宮城のモノづくりにフォーカスを当てたオリジナル・エリアプロモーション(「MADE IN MIYAGI」)などを通じて、地域貢献・活性化の取り組みを行ってきた。

 同社は、このたび、宮城県全域を活動区域としている同チームのスポーツを通じたCSR活動の趣旨・目的に賛同して「CSRパートナー」となるとともに、それらの活動をサポートしていく。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界