PAGE TOP

乗用車用プレミアムタイヤ市場にリソース集中

ブリヂストン、中国のTB用タイヤビジネスから撤退

タイヤ 2024-02-27

 ブリヂストンは2月27日、中国におけるトラック・バス(TB)用タイヤビジネスから撤退すると発表した。普利司通(瀋陽)輪胎でのTB用ラジアルタイヤの生産を2024年1月26日で終了、普利司通(中国)投資でのTB用ラジアルタイヤの販売は24年上期で終了する予定だ。中国市場では今後、成長が見込まれる乗用車用プレミアムタイヤ市場に戦略的にリソースを集中する。

 普利司通(中国)投資は、プレミアムフォーカスを強化するため事業再構築を進めており、市場の変化への対応や競争優位性の観点などを検討した結果、TB用タイヤの生産、販売の終了を決定した。普利司通(瀋陽)輪胎のTB用ラジアルタイヤの生産能力は日産約4,300本。TB用ラジアルタイヤの生産終了後も、航空機用リトレッドタイヤの部材は引き続き生産を継続する。

 なお、ブリヂストンの連結業績に対する中国市場の割合(乗用車用タイヤ、TB用タイヤ等含む)は3%以下。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • 海から考えるカーボンニュートラル
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた
  • とある市場の天然ゴム先物