PAGE TOP

シン「グローカル体制」目指し再編等を進める

ブリヂストン、グローバル経営体制強化へ

タイヤ 2023-10-23

 ブリヂストンは2024年1月1日付で、グローバル体制をさらに強化する。シン「グローカル体制」として、Global CEO直轄の3機能の明確化、ビジネスの地域区分、SBUの再編等を進める。

 まず、Global CEO直轄の3機能(Global CEO室、グローバル経営戦略、グローバルサステナビリティ戦略)を明確化、グループのビジネスをBRIDGESTONE EAST、BRIDGESTONE WESTの地域に大きく区分する。また、EASTとWESTのもと、SBUを6つへ再編。EASTの傘下にBSJP(日本タイヤ)、BSDP(化工品・多角化、探索)、G-MICA(グローバル鉱山・産業・建設車両用・航空機タイヤ・ソリューション)、BSAPIC(アジア・パシフィック・インド・中国)、WESTの傘下にBSAM(米州)、BSEMEA(欧州・中近東・アフリカ)を配置する等の変革を進める。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた