PAGE TOP

「全日本カート選手権」EV部門第3戦

住友ゴム工業、サステナブル原材料比率43%タイヤをレースに投入

タイヤ 2023-10-19

 住友ゴム工業は、10月21~22日に開催される「2023年全日本カート選手権」EV部門第3戦にバイオマスとリサイクル原材料を使用したサステナブル原材料比率43%のDUNLOPレースタイヤを投入する。

サステナブル原材料比率43%のDUNLOPレースタイヤ


 同タイヤは、天然ゴムや天然由来の原材料、サステナブル合成ゴム、鉄スクラップから再生した材料などを使用することで、従来のレースタイヤ性能はそのままにサステナブル原材料比率を向上している。

 同社は、3月にサステナブル原材料比率38%に高めたDUNLOPレースタイヤを発表し、2024年までにレース投入することを目標として開発を進めてきた。度重なる材料選定の末、サステナブル原材料比率を43%まで高めることに成功し、走行テストでも着実に性能を発揮したことから、DUNLOPがワンメイクタイヤを供給する「2023年全日本カート選手権」のEV部門第3戦への前倒し投入を決定した。

 今後は、DUNLOPがタイヤ供給を行うトップクラスから入門クラスまでの幅広いカテゴリーへの投入も視野に、さらなる改良・チューニングを行うことで、サステナブルなモータースポーツの実現に貢献していく。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた