PAGE TOP

技術イノベーションと共創・ソリューションを紹介

ブリヂストン、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」に出展

タイヤ 2023-10-13

 ブリヂストンは10月25日~11月5日の期間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(モビリティショー)」に出展する。

 今回のモビリティショーでは、「ブリヂストンが新しい生活や未来に向け、人とモノの移動を支える」をコンセプトに、当社の技術イノベーションと共創・ソリューションを紹介する。

 ■主な展示内容
 ◇カーボンニュートラルなモビリティ社会を足元から支える=EV時代の新たなプレミアム:商品設計基盤技術「ENLITEN」

 ENLITENは、従来のタイヤ性能を向上させた上で、タイヤに求められる多様な性能をユーザーごと、モビリティごとにカスタマイズする商品設計基盤技術。ユーザーが想像もできない新たな価値を「究極のカスタマイズ」で実現する。「究極のカスタマイズ」を支えるのが、タイヤを構成するモジュール(部材)を3つに集約し、それを異なる商品間で共有するモノづくり基盤技術「BCMA(Bridgestone Commonality Modularity Architecture)」だ。BCMAにより開発・サプライチェーンをシンプル化し、開発や生産におけるアジリティを向上させつつ、コストの最適化や環境負荷の低減を実現する。同社ブースではENLITEN技術を搭載した乗用車用タイヤやモータースポーツ用タイヤ、BCMAの考え方を紹介する。

 また、世界最高峰のソーラーカーレース「2023 Bridgestone World Solar Challenge」(BWSC)で初投入されるENLITEN技術搭載タイヤと、同タイヤを装着したソーラーカーを展示する。

 ◇サステナブルなソリューションカンパニーとして、モビリティの未来を支える:ソリューション事業&共創

 デジタルフリートソリューションプロバイダーとして北米で輸送事業者に対する運行管理サービスを展開するAzugaや欧州で同事業を展開しているWebfleet Solutionsの活動を通じて、モビリティシステムを支えていく活動を紹介。また、国内の輸送業界の課題を足元から解決するサブスクリプション型ソリューションサービス「トータルパッケージプラン(TPP)」についても紹介する。

 また、国際宇宙探査ミッションでの使用に向けた月面探査車用タイヤのプロトタイプや走行中に道路からワイヤレスでEVに給電するシステムに対応したコンセプトタイヤを展示する。

 ◇トークショーやステージイベント、体験型コンテンツ

 佐藤琢磨選手をはじめとしたトップドライバーや著名人など多くのゲストを招き、トークショーやステージイベントを実施する予定。

 また、ドライビングシミュレーターを使い、プロドライバーから直接指導を受けながら気軽にモータースポーツのドライビング技術の向上を目指すことができるeモータースポーツの体験型プログラム「Bridgestone eMotorsport Institute」の体験コーナーも設置する。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた