PAGE TOP

「モビリティ」「一人ひとりの生活」「環境」をCSR活動の重点領域として設定

ブリヂストン、新しいCSR体系「Our Way to Serve」を制定

タイヤ 2017-03-29

 ブリヂストンは3月29日、新たなCSR体系「Our Way to Serve」を制定したと発表した。同社グループは、「Our Way to Serve」を同社グループの従業員一人ひとりが実践すべき行動指針として、グローバルに事業活動を展開していく。

 「Our Way to Serve」は、同社グループの企業理念の使命である「最高の品質で社会に貢献」を基本軸として、過去10年にわたりCSR「22の課題」として取り組んできたCSR活動の経験や成果を活かしながら、より高いレベルを目指して更に発展させたもの。

 「Our Way to Serve」では、「モビリティ」「一人ひとりの生活」「環境」の3つの領域を「重点領域(PA:Priority Areas)」として明確にし、同社グループがステークホルダーと緊密に連携しながら、今後さらに社会に、世界に貢献し続けるための指針として活用していく。

 「モビリティ」においては、当社グループの革新的な技術により、社会とお客様にとってより容易で、より安全、よりスムーズかつシームレスなモビリティの実現に取り組む。「一人ひとりの生活」においては、グローバルに広がる同社グループ従業員一人ひとりが熱意をもって安全・安心で健やかな暮らしや、次世代の学びを支えていく。「環境」においては、持続可能な社会の実現を目指して、自然と共生する、資源を大切に使う、CO2を減らす活動に引き続き取り組む。

 初年度である2017年は、同社グループにおけるベストプラクティスの相互活用やステークホルダーとの対話を通じて、重点領域(PA)における「モビリティ」「一人ひとりの生活」の評価指標(KPI)の設定や「環境」の中期目標のリファインに向けた活動を進めていく。

 この3つの重点領域(PA)に取り組むとともに、同社グループは、責任ある企業として、ガバナンス、コンプライアンス、そして行動規範の強化に、引き続き取り組んでいく。これらの企業として欠かせない取り組みを「基盤領域(MF:Management Fundamentals)」と位置づけ、次の6つの分野に再構築した。重点領域(PA)と共に「Our Way to Serve」を進めていく上での両輪として、これらの分野においても先進的な活動を進めていく。

■コンプライアンス・公正な競争
■人権・労働慣行
■調達
■BCP(事業継続計画)・リスクマネジメント
■労働安全・衛生
■品質・お客様価値

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界