PAGE TOP

電力の再生可能エネルギー100%化を目指す

住友ゴム工業、環境イニシアチブ「RE100」に賛同

タイヤ 2022-12-15

 住友ゴム工業は、電力の再生可能エネルギー100%化を目指す企業で構成される国際的な環境イニシアチブ「RE100」への賛同を表明した。

 RE100は、世界で影響力のある企業が事業で使用する電気を100%再生可能エネルギーとすることにコミットする企業イニシアチブ。企業が結集することで、政策立案者および投資家に対して、需要家からエネルギー意向を加速させるためのシグナルを送ることを意図する。RE100にはフォーチュン・グローバル500企業を含む多様な分野から企業が参加し、その売上高合計は4兆5,000億米ドルを超える。日本では、持続可能な脱炭素社会実現を目指す企業グループである「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)」がRE100の公式地域パートナーとして、日本企業の参加と活動を支援する。今回の賛同に当たって同社は、日本気候リーダーズ・パートナーシップ(IJLP)の支援を受けた。

 2021年8月に、2050年を見越したサステナビリティ長期方針「はずむ未来チャレンジ2050」を策定した同社。RE100への賛同には「はずむ未来チャレンジ2050」で設定された「2050年にカーボンニュートラル達成(Scope1+2)」の目標に沿って対応していくとしている。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた