PAGE TOP

トラック・バス用タイヤ、約700億円を投資

ブリヂストン、米国ウォーレン工場を増強

タイヤ 2022-08-26

 ブリヂストンの米州グループ会社「ブリヂストン アメリカス」は、トラック・バス用タイヤを生産するウォーレン工場(米国・テネシー州)の生産能力を増強する。

ウォーレン工場


 総投資金額は約700億円で、2022年末までに増強を開始し、2026年末までに現在の生産能力350万本弱/年から450万本弱/年に増強する。

 ブリヂストンは、グローバルでプレミアム商品を「創って売る」体制の強化に向けた投資を実行しており、今回の増強もその一環。同社グループは米国において、従来から地産地消をベースにタイムリーに「断トツ商品」をユーザーに供給する体制を構築してきた。

 米州におけるトラック・バス用タイヤの地産地消率は昨年実績で約85%だったが、現在の供給体制では今後のプレミアムタイヤ事業強化による拡売により、地産地消率が約70%に低下する懸念があった。米国内でのトラック・バス用タイヤの継続的なシェアアップ・拡売を支えることを目的に今回の増強を決定した。

 ■ウォーレン工場の概要
 ◇所在地=米国テネシー州ウォーレン郡◇設立年=1990年◇建屋面積=約18万3,000平方メートル◇従業員数=約1,100人(2022年8月時点)◇生産能力=年間350万本弱◇生産品目=トラック・バス用ラジアルタイヤ

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた