PAGE TOP

生物多様性に配慮した工場として評価

横浜ゴム 、三重工場と新城工場が「いきもの共生事業所認証」を取得

タイヤ 2022-03-10

 横浜ゴムの三重工場と新城工場は2月、生物多様性に配慮した工場として「いきもの共生事業推進協議会」(ABINC)の「いきもの共生事業所認証」(ABINC認証)を取得した。同認証を取得した横浜ゴムの拠点は平塚製造所、尾道工場、茨城工場とあわせて5拠点目となる。

三重工場での近隣小学生への環境体験学習


新城工場での工場内ビオトープ保全活動


 今回の取得にあたり、三重工場ではビオトープの創出、整備など生物のすみかづくりや、周辺の自然環境の調査結果をもとに地域生態系と調和した緑地が創出している点、多数の従業員が参画する積極的なモニタリング調査、地域の学校や水族館と連携した環境教育をはじめとするさまざまな活動展開が高く評価された。

 また、新城工場では水辺ビオトープなどの創出も含め、樹林地や草地が一体的に整備されている点、地域、周辺企業や団体と連携して取り組む「千年の杜」づくり事業やモニタリング調査活動などが高く評価された。

 「ABINC」は、いきものと人が共生できるしくみを「創造」し、科学的・技術的に「検証」し、「事業化」を推進することを目的として2013年12月に設立された団体。ABINC認証は、「企業と生物多様性イニシアティブ」が開発した「いきもの共生事業所推進ガイドライン」に基づき第三者評価・認証する制度で、生物多様性に貢献する環境づくり、生物多様性に配慮した維持管理、ステークホルダーとのコミュニケーションの3点を中心に評価される。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた