PAGE TOP

FALKENブランド2品種で

住友ゴム工業、ドイツのタイヤ摩耗テストで高評価獲得

タイヤ 2022-01-28

 住友ゴム工業の、FALKEN「AZENIS FK510」および「ZIEX ZE310 ECORUN」が欧州最大の自動車連盟であるADAC(ドイツ自動車連盟)の実施するタイヤ摩耗テストにおいて、それぞれ1位、3位を獲得した。

AZENIS FK510



ZIEX ZE310



 今回のタイヤ摩耗テストは、夏タイヤおよび冬タイヤそれぞれの主要3サイズにおいて、一定距離を走行した場合に発生する摩耗粒子の量を、15社のタイヤで比較したもの。

 その中で、「AZENIS FK510」は225/40R18のタイヤサイズにおいて最も発生粒子の少ない1位を獲得。「ZIEX ZE310 ECORUN」は185/65R15のタイヤサイズにおいて3位を獲得した。

 同社は、すぐれた耐摩耗性能を実現することで、環境負荷の低減に貢献している。この2種のタイヤの開発には、同社独自の材料開発技術である「ADVANCED 4D NANO DESIGN」と「4D NANO DESIGN」が使用されており、ゴム内部のポリマーを分子レベルでシミュレーション解析することにより、最高レベルの安全性能と環境性能を両立している。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた