PAGE TOP

11月30日に表彰状を授与

住友ゴム工業、「エコとわざ」コンクールで住友ゴム賞を選出

タイヤ 2021-12-07

表彰状授与の様子


 住友ゴム工業は、同社が加盟するエコ・ファースト推進協議会主催の第12回「エコとわざ」コンクールで、住友ゴム賞を選出し表彰した。

 同賞に選ばれたのは、京都府京田辺市立薪小学校1年の津久間瑛依斗(えいと)さんの作品「ごみのやま くふうひとつで たからやま」で、11月30日に同小学校で表彰状を授与した。同作品は、一見するとゴミの様なものであっても創造力豊かな子どもからすると宝物となるものがたくさんあることから、発想力で地球のゴミを減らしたいという想いを表している。

 「エコとわざ」コンクールは、エコ・ファースト推進協議会が環境省の後援、全国小中学校環境教育研究会の協力を得て、全国の小・中学生から、SDGs達成年までに自分たちが住む地球がどの様にあって欲しいかを考える機会として、創作ことわざ「エコとわざ」を募集し、優秀な作品を表彰するもの。

 今年は、「豊かで美しい地球を未来につなぐために、私たちに何ができるかな~2030年どんな地球にしたいかな~」をテーマに1,419点の中から、審査委員会および各企業における厳正な審査の結果、30作品が選出された。

 同社は、環境省から環境先進企業として「エコ・ファースト企業」に認定されており、同コンクールが始まった2010年から住友ゴム賞を設け、子どもたちが環境に関して考える機会を提供してきた。この様な活動を通じて、同社グループは社会的価値向上に取り組み、持続可能な社会の発展に貢献していく、としている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた