PAGE TOP

モビリティソリューションをグローバルに拡大

ブリヂストン、北米デジタルフリートソリューションプロバイダーを買収

タイヤ 2021-08-03

 ブリヂストンの米国グループ会社であるブリヂストン アメリカス(BSAM)は、デジタルフリートソリューションプロバイダーとして北米でフリート(運送事業者)に対する運行管理サービスを展開する Azuga Holdings(アズーガ ホールディングス:Azuga)を買収する契約を、Azugaの大株主であるSumeru Equity Partners(スメール エクイティ パートナーズ)、およびDanlaw(ダンロー)などと締結した。

 買収により、BSAMは幅広いフリートを対象とした包括的なモビリティソリューションの展開を加速させる。取得価額は企業価値 3億9,100 万USドル(約428億円)に、Azuga の運転資本などに係る調整を行い、確定する。

 なお、買収は規制当局の承認とその他必要な買収条件を満たした後、2021年第3四半期中に完了する見込み。

 2012年に設立された Azuga はシリコンバレーに本社を構えるデジタルフリートソリューションプロバイダー。GPSトラッキング、テレマティクス、ドライバーの動作モニタリングなど最新鋭のフリート運行管理プラットフォームを、6,000を超える北米のフリートに提供している。

 買収により、ブリヂストングループのモビリティソリューションをグローバルに拡大すると共に、リトレッドを中心としたタイヤセントリックソリューションとのシナジーにより、ユーザーの安全で効率的な運行を支え、車両の燃費改善を図るなど、安全性、環境性、経済性、生産性などの社会価値・顧客価値の創出を図る。

 ■Azuga概要
 ◇会社名=Azuga Holdings◇本社所在地=米・カリフォルニア州フリーモント市◇代表者=アナンス・ラニ氏◇従業員数=約430人(2021年7月末現在)◇事業内容=デジタルフリートソリューションプロバイダー

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた