PAGE TOP

平塚製造所との拠点統合進める

横浜ゴム、本社ビルを売却

タイヤ 2021-03-01

 横浜ゴムは2月26日、東京都港区にある本社ビルを売却すると発表した。譲渡益は208億円、譲渡先は非公表。

 同社は本社機能と平塚製造所(神奈川県平塚市)との拠点統合を計画している。拠点統合による生・販・技のさらなる融合や経営資源の有効活用、オフィスでの勤務を前提とした従来の働き方の見直しを勘案し、本社ビルの売却を決定した。売却で得た資金により、事業成長に向けた投資等を検討していく。

 譲渡後のオフィスについては譲渡先とリースバック契約を締結し、一定期間入居する予定。同ビルには横浜ゴム本社だけでなく、タイヤの販売会社であるヨコハマタイヤジャパンやMB事業の販売会社である横浜ゴムMBジャパン、スポーツ事業のプロギアなどが入居している。本社、子会社の中で東京に所在する必要性がある機能については、今後検討を進めていく。

 業績予想を上方修正
 本社ビルの売却益を計上することに伴い、2021年12月期第2四半期連結業績予想および通期連結業績予想の営業利益を従来予想に比べ208億円、純利益を145億円引き上げた。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた