PAGE TOP

NRGene社との共同研究

ブリヂストン、グアユールのゲノム配列の高精度な解読に成功

タイヤ 2021-01-20

 ブリヂストンは、ゲノムのビッグデータ・ソリューション企業であるNRGene社との共同研究により、「グアユール」の複雑なゲノム配列を高精度に解読することに成功した。

DNA配列解析~品種改良までのイメージ


 ブリヂストンは、2017年から天然ゴム資源の多様化によるタイヤ原材料のサステナブル化を目的として、グアユールの品種改良に向けたゲノム解析の研究をNRGene社と共同で行ってきた。今回の研究開発の成果によりゴム生産性の高い品種のグアユール開発に大きく貢献するとしている。

 グアユールは米国南西部からメキシコ北部が原産の植物で、降雨量の少ない乾燥地帯で栽培することが可能なキク科の低木(灌木)で、熱帯で栽培するパラゴムノキ由来のゴムに匹敵する成分を組織中に含む。同社は、タイヤ材料として実用化すべく、グアユール由来のゴムの生産性向上や物性改良に向けた研究開発を推進している。

 今回の共同研究により遺伝子情報が可視化されたことで、植物体中のゴム含有量など、重要な形質の遺伝的背景の理解を深めることが可能となり、生産性の高いグアユールの育種を加速させることが期待される。

 今後、プロセスの最適化による物性改良やアプリケーション(用途)開発の成果と組み合わせることで、2020年代にグアユールゴムのタイヤ材料としての実用化を目指す。

 ブリヂストンは、グアユールゴムの実用化に向けてオープンイノベーションを推進している。ブリヂストンでは、同社が持つグアユールに関する知見とNRGene社のゲノム解析に関する技術を融合させることで、より短期間で実用化に向けての重要な成果が得られたとしている。今後もオープンイノベーションを推進し、同社のコア技術と様々な企業・団体が持つ個々の領域の知見を融合させ、天然ゴム資源の多様化に向けた取組みを促進する。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた