PAGE TOP

仏大手タイヤ小売りチェーン買収へ

ブリヂストン、欧州子会社が最終プロセス開始

タイヤ 2017-01-18

 ブリヂストンの欧州子会社ブリヂストンヨーロッパ(BSEMEA)は1月18日、仏大手タイヤ小売チェーンGroupe Ayme(以下、Ayme社)と同社の株式を100%取得し、完全子会社化するための最終的なプロセスを1月17日(欧州現地時間)に開始したと発表した。

 Ayme社は欧州市場の主要国である仏国内で104店舗を展開する同国内最大級の独立系タイヤ小売チェーンのひとつ。今回の買収手続きは、労使委員会等への確認後に最終契約を締結し、競争当局の認可を取得次第完了する見込み。

 買収完了後のブリヂストンヨーロッパのタイヤ小売店網は、「First Stop」と「Speedy」にAyme社の運営する「Côté Route」を加えることにより仏国内で900カ所超となる。

 買収は欧州事業の基本戦略のひとつである小売店網の強化に沿ったもので、トラック・バス用タイヤなどの生産財の小売りに強みを持つAyme社を傘下とすることで、ブリヂストングループのソリューション事業のさらなる強化を図る。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界