PAGE TOP

北米市場での迅速な商品開発図る

東洋ゴム工業、TNAにR&D拠点機能を確立

タイヤ 2017-01-11

Toyo Tire America Manufacturing(TNA)


 東洋ゴム工業は1月11日、米国のタイヤ製造子会社「Toyo Tire America Manufacturing(TNA)」内にR&D拠点としての機能確立を図ると発表した。2017年中をめどに、同工場内のR&D部門の商品開発機能及び人員を充実、強化する。

 TNAは現在、同社のタイヤ技術開発のマザー拠点である「タイヤ技術センター」(兵庫県伊丹市)とTNA内に設置しているR&D部門との連携によって商品開発を行い、独自の最新タイヤ製造工法「A.T.O.M.(Advanced Tire Operation Module)」を用い、市場にタイヤを供給している。

 今回の機能充実は、商品企画や商品設計など商品化に至る各開発ステージの担当者を新たに置き、市場ニーズをダイレクトかつきめ細やかに汲み取ることで、現地での的確で迅速な商品開発を図るもの。R&D部門の担当者を現状の1.5倍に増員するほか、タイヤの静的・動的特性を測定・評価する設備などを新たに導入し、製品評価と開発への迅速なフィードバックを進めていく。設備等の投資額は約10億円。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界