PAGE TOP

高径サイズのタイヤ増産へ

ブリヂストン、北米ウィルソン工場に216億円の追加投資

タイヤ 2017-01-11

 ブリヂストンは1月10日、乗用車用ラジアルタイヤ(PSR)を生産している米国ノースカロライナ州ウィルソン工場で、1億8,000万ドル(約216億円)の追加投資を行うと発表した。同社は16年1月に1億6,400万ドル(約197億円)を投じて同工場の生産能力増強を発表しており、それを合わせた総投資額は3億4,400万ドル(約413億円)となる。今後10年間で段階的に投資を行っていく。

 今回の追加投資は、生産能力の増強というよりも、ゴム練り工程の設備を最新鋭なものにし、より高付加価値、高機能タイヤを生産することで品質や生産効率を含めた総合力を上げるための投資に重点をおいている。

 そのため同工場に最新式のバンバリーミキサーを設置、およびその他先進的な生産設備・技術の導入を実施する。今回、新たに5万平方フィート(約4,645㎡)のバンバリー棟を建設する。今春に起工式を行い、バンバリーミキサーは18年秋に稼働予定。

 一連の投資によって、ウィルソン工場は世界的に高まるSUV用など高径サイズのタイヤ需要に対応しつつ、さらなる品質と生産性の向上を図る。工場の生産能力は、現在の日産3万2,000本から18年までに同3万5,000本へと増強する。

 操業開始から43年の歴史を持つウィルソン工場は、北米(メキシコ含む)にある5つのPSR工場の中で、本数ベースではエイケン工場(サウスカロライナ州)に次ぐ生産規模を持つ。またウィルソン工場は、海外工場の中では最初にランフラットテクノロジー(RFT)採用タイヤの生産を開始するなど、イノベーションの先駆けとなってきた生産拠点である。

 16年には汎用リムにも装着可能なRFT採用タイヤ「ドライブガード」の生産を開始している。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界