PAGE TOP

2019年12月から順次

TOYO TIRE、「OPEN COUNTRY」シリーズのサイズラインアップを拡充

タイヤ 2019-12-16

 TOYO TIREは12月13日、国内市場に投入しているSUV用タイヤブランド「OPEN COUNTRY(オープンカントリー)」シリーズに、新サイズを加え、サイズラインアップを12月から順次拡充すると発表した。価格はオープンプライス。

「OPEN COUNTRY R/T」


「OPEN COUNTRY A/T plus」


 今回のサイズ拡充では、オフロード性能とオンロード性能を高い次元で両立させたハイブリッド商品「OPEN COUNTRY R/T(アールティー)」から、初のホワイトレターを含めた3サイズが新たにラインアップとして加わる。

 さらに、オールラウンドSUV専用「OPEN COUNTRY A/T plus(エーティープラス)」では新たに9サイズをラインアップに加え、幅広い車種に対応する。

 ■「OPEN COUNTRY R/T」
 オフロードにおけるトラクション性能と、オンロード走行に求められる耐摩耗性能や走行安定性を高い次元で両立させたタイヤ。

 同商品は、不整地や泥濘地の走行に強みを持つ「マッドテレイン」タイプと、オンロード中心でありながらオフロードとのバランスも重視した全地形型「オールテレイン」タイプの中間を充足する新しいジャンル「ラギッドテレイン」のパターンデザインを採用している。そのユニークな商品コンセプトによって「2016年度グッドデザイン賞」を受賞している。

 「OPEN COUNTRY R/T」追加サイズ◇235/70R16 106Q(2020年2月)◇185/85R16 105/103N LT(2020年2月)◇155/65R14 75Q(2020年2月)

 ■「OPEN COUNTRY A/T plus」
 オフロード走行における優れたトラクション性能を有しつつ、オンロード走行時での静粛性を確保した「オールテレイン」タイヤ。

 同商品は、リブパターン基調を採用することで、国際基準ECE R117-02をクリアした静粛性とトラクション性能を高い次元で両立させている。

 このほか、新配合のトレッドコンパウンドによってウェットグリップおよび転がり抵抗性能の低減とロングライフを実現し、高剛性構造を採用することで高速操縦安定性を向上させている。

 「OPEN COUNTRY A/T plus」追加サイズ◇255/65R17 110H(2020年1月)◇LT285/70R17 121S(2020年1月)◇LT245/75R17 121S(2020年1月)◇225/70R16 103H(12月
)◇235/70R16 106T(12月)◇255/70R16 111T(2020年1月)◇215/75R15 100T(2020年1月)◇235/75R15 109T(2020年1月)◇LT235/75R15 116S(2020年1月)

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界