PAGE TOP

「TEAM FALKEN」 として活動へ

住友ゴム工業、平野歩夢選手らとスポンサー契約

タイヤ 2019-11-28

左から増田執行役員、中村選手、松本選手、平野選手


 住友ゴム工業は、スケートボード・スノーボードの平野歩夢選手、 BMXフリースタイルの中村輪夢選手、 スノーボードの松本遥奈選手と FALKENブランドでスポンサー契約を締結、11月28日にTRUNK HOTEL(東京都渋谷区)で記者発表会を開催した。

 すでにスポンサー契約を結んでいる松本遥奈選手に加え、新たに平野歩夢選手と中村輪夢選手と契約を結んだ。ギアへのブランドロゴ露出やプロモーション映像への出演など、「TEAM FALKEN」 として活動していく。

 会見で住友ゴム工業の増田栄一執行役員・タイヤ国内リプレイス営業本部長は「FALKENが誕生したのは1983年。その後、米国、欧州、インド、中国やオーストラリアなどに拡大してきた。2015年には『ON THE PULSE』を新たなブランドステートメントとして、情熱、躍動感、若々しさといったブランドイメージを打ち出した。

 FALKENは日本はもちろんのこと、欧米を中心に事業を拡大し、販売は2ケタ増を達成している。若々しく、躍動感のあるブランドとして認知を高め、自動車メーカーでの納入実績などにあるように、信頼あるブランドに進化している。

 それをさらに発展させるため、新たなプロモーションに取り組む。それが『TEAM FALKEN』だ。FALKENの持つ若々しさや躍動感を体現するため、世界の第一線で活躍するアスリートを起用し、顧客に対しFALKENブランドへの親和性をさらに強くPRしていく。

 今後、FALKENを唯一無二のブランドに進化させるため、さらなる挑戦は続く。これからのFALKENに注目して欲しい」と語った。

 会見では、実際にFALKENタイヤを履いている松本遥奈選手が「前からロゴが好きで、タイヤを見てFALKENと書いてあるのがすごく良いなと思い、夏も冬も履いている」と語った。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界