PAGE TOP

革新的で持続可能なモビリティへの貢献を目指す

ミシュラン製プロトタイプタイヤが三菱ふそう燃料電池小型トラック「Vision F-CELL」に装着

タイヤ 2019-11-01

 日本ミシュランタイヤは11月1日、三菱ふそうトラック・バスのコンセプト燃料電池トラック「Vision F-CELL」に、ミシュラン製プロトタイプタイヤが装着されることを発表した。

Vision F-CELLイメージ


Vision F-CELLに装着されたミシュラン製プロトタイプタイヤ


ミシュラン製プロトタイプタイヤ イメージ


 三菱ふそうトラック・バスの「Vision F-CELL」は、東京モーターショー2019で世界初公開された燃料電池小型トラック。同社は2017年に世界で初めて小型電気トラック「eCanter」を量産化するなど、環境負荷低減に寄与する車両を市場に投入してきた。今回参考出品した燃料電池トラックは、バッテリー式電気自動車を超える次世代のモビリティとなっている。

 車両が新しい技術を搭載すればするほど、タイヤには安全性や転がり抵抗など、高い技術力と性能が求められる。同トラックのために設計されたミシュラン製プロトタイプタイヤは、ミシュランの使命を具現化するもので、ポール・ペリニオ日本ミシュランタイヤ代表取締役社長は以下のようにコメントしている。「ミシュランは自動車業界の動きと並走しながら、より多くの技術提供をすることで革新的で持続可能なモビリティへの貢献を目指している。電気自動車には、バッテリー式より燃料電池テクノロジーが求められる。すべての性能に妥協しないミシュラン・トータル・パフォーマンスに基づいて、三菱ふそうをはじめとするパートナーの皆様と手を携え、環境性、経済性、安全性に優れた次世代のモビリティ社会の実現に向けて邁進していく」。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界