PAGE TOP

千葉県会場では「こども交通安全教室」を初開催

住友ゴム工業、 全国10会場でタイヤ安全点検活動を実施

タイヤ 2019-10-08

 住友ゴム工業は10月5日、全国10会場(北海道、岩手県、千葉県、栃木県、愛知県、石川県、兵庫県、愛媛県、岡山県、鹿児島県)で「DUNLOP全国タイヤ安全点検」を実施した。

こども交通安全教室の様子


 同社では2008年から春と秋の年2回、ドライバーに対して、定期的なタイヤ点検や空気圧の重要性を啓発するための全国タイヤ安全点検活動を実施しており、今回で12年目・22回目を迎える。

 冒頭、あいさつした増田栄一住友ゴム工業執行役員・タイヤ国内リプレイス営業本部長は今回の活動について、「近年はガソリンスタンドの減少やセルフ化などによって、ドライバーがタイヤを点検する機会が減っている。また、タイヤを起因とした事故でJAFが出動する回数も年々増加傾向にある。当社ではタイヤ安全点検活動を通じて安心・安全を訴え続けていきたい。また今回、初の試みとして子どもたちを対象とした交通安全教室を開催した。未来のドライバーである子どもたちに交通ルールや自動車・タイヤへの関心を持ってもらうことで子どもたちが係る事故を減らしていきたい。今年のメインメッセージである『事故のない毎日をつくたい。』のもと、みなさんが安心・安全な毎日を送れるように、タイヤメーカーとして今後も活動に尽力していく」と語った。

あいさつする増田本部長


 今回は初の試みとして、千葉県会場の花見川緑地交通公園(千葉市美浜区)では、「ダンロップこども交通安全教室」を実施。ゲストに1985年から8年間、NHK「おかあさんといっしょ」で7代目うたのおにいさんを務めた坂田おさむさんと娘のめぐみさんが登場。参加した子どもたちは、歌や〇×ゲームを通じて、交通ルールを楽しく学んだ。参加した子どもたちには、夜道で光る「ダンロップオリジナルドラえもんリフレクター」をプレゼントした。

ゲストの坂田おさむさん(左)と娘のめぐみさん


 また、保護者にはタイヤの日常点検の重要性を記載したクリアファイルやマスクなどのノベルティを配布したほか、希望者には公園駐車場で無料タイヤ点検を実施。千葉県会場では、スタッフ総勢14人(ダンロップタイヤ中央8人、住友ゴム工業6人)が日常点検の重要性を訴えた。

タイヤ点検する増田本部長(左)

 
 なお、今回の10会場の総点検台数は693台で、千葉県会場は52台だった。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界