PAGE TOP

19年12月期第1四半期業績

住友ゴム工業、タイヤ事業は微増収も大幅減益

タイヤ 2019-05-09

 住友ゴム工業が5月9日に発表した19年12月期第1四半期(1-3月)業績(IFRS)は、売上高が2112億8,300万円で前年同期比0.6%減、営業利益が59億8,700万円で同57.3%減、純利益が28億5,500万円で同62.8%減となった。

 タイヤ事業は売上高が1,817億2,100万円で同0.2%増、営業利益が42億9,000万円で同62.5%減。国内市販用タイヤは「ダンロップ」ブランドでは低燃費タイヤを中心とした高付加価値品の拡販を推進、また「ファルケン」ブランドでは昨年に引き続き「Red Bull Air Race World Championship 2019」に参戦する室屋義秀選手をサポートするなど、ブランド認知拡大に努めるとともに、高付加価値製品の拡販を推進したが、冬タイヤの販売が低調に推移し、販売数量が前年同期を下回ったため減収となった。

 海外市販用タイヤは、中国では景気減速を受け、販売数量は減少したものの、欧州を中心に「ファルケン」ブランドの販売を順調に伸ばしたことで増収となった。

 事業全体では売上高は前年同期実績を上回ったが、営業利益は原材料価格の悪化に加え、固定費、経費の増加等により減益となった。

 スポーツ事業は売上高が201億6,500万円で同2.9%減、営業利益が8億5,700万円で同52.0%減。

 産業品他事業は売上高が93億9,700万円で同11.5%減、営業利益が5億2,800万円で同48.7%減。医療用精密ゴム部品や制振事業は堅調に推移したものの、OA機器用精密ゴム部品では主要OA機器メーカーのプリンター・コピー機の生産減少、インフラ系商材での体育施設の受注減もあり減収。営業利益も減益となった。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界