PAGE TOP

兵庫県内で実施

住友ゴム工業、「ものづくり教室」「環境教室」を開催

タイヤ 2018-12-21

 住友ゴム工業は、2009年の創業100周年を機に開始した「ダンロップものづくり教室」および2010年に開始した「ダンロップ環境教室」を、2018年も継続して開催した。18年は「ダンロップものづくり教室」を同社協賛のサヴィニャック展が開催されている兵庫県立美術館でも実施した。

「ダンロップものづくり教室」工作風景


 ■ダンロップものづくり教室
 開催=兵庫県内7カ所で計8回◇内容=NPO法人「コアネット」と協働で行う、ものづくりの体験学習。簡単な工作キット「スクローラー」を組み立てる◇目的=整理・整頓の必要性、組立書(標準書)の重要性、チームワーク力の形成、簡単な工具の使い方などの学習を通して子どもたちにものづくりの楽しさや難しさを体験し、ものづくりに興味を持ってもらう。

「ダンロップ環境教室」はがきづくり風景


 ■ダンロップ環境教室
 開催=兵庫県内3団体で計6回◇内容=環境教育で実績のあるNPO法人「環境21の会」と協働で実施する環境教育。ケナフの皮を乾燥させたチップではがきをつくる◇目的=子どもから大人まで幅広い世代の方に環境問題への理解を高めてもらう。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界