PAGE TOP

18年12月期第3四半期

東洋ゴム工業、タイヤ事業が増収増益

タイヤ 2018-11-12

 東洋ゴム工業が11月9日に発表した18年12月期第3四半期(1-9月)業績は、売上高が2,850億4,800万円で前年同期比3.5%減、営業利益が307億3,200万円で同7.8%減、経常利益が286億6,200万円で同2.3%減、純利益が112億6,400万円で同3.6%減となった。

 事業別では、タイヤ事業は売上高が2,468億100万円で同3.8%増、営業利益が338億5,900万円で同1.4%増。

 新車用タイヤは、国内で同社製品装着車種の販売が好調だったことなどにより、販売量、売上高ともに前年同期を上回った。

 国内市販用タイヤは、特に冬タイヤで前年に値上げ前の駆け込み需要の影響があったことから販売量は前年同期を下回ったが、値上げの効果などにより、売上高は前年同期並みとなった。

 自動車部品事業は売上高が382億200万円で同33.6%減(事業譲渡による影響額176億100万円減を含む)、営業損失が31億7,500万円(前年同期は9,200万円の損失)。防振ゴムおよびシートクッションの売上高は同社製品装着車種の減少により前年同期を下回った。また営業利益は事業譲渡および新製品の収益性の影響などにより損失幅が拡大した。

 通期業績予想を下方修正
 同社は同日、18年12月期通期業績予想を修正した。主にタイヤ事業において販売数量が前回発表時(18年8月10日)の予想から下回ったことや自動車部品事業において業績が悪化したこと、当第3四半期に追加で製品補償対策費を特別損失として計上したことなどにより、予想を下方修正した。

 ■18年12月期通期業績予想
 ◇売上高=3,900億円(前回予想3,950億円、増減率1.3%減)◇営業利益=420億円(同450億円、同6.7%減)◇経常利益=387億円(同420億円、同7.9%減)◇純利益=180億円(同220億円、同18.2%減)

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界